効率良くハチ退治を行なう方法|害虫駆除の手びき

男女

害虫の駆除

巣

個人でハチ退治をすると、刺される危険性があります。ハチの種類によって、死に至ることもあるため、ハチの駆除を専門としている業者に依頼するようにしましょう。専門業者は防護服や機材も揃っているため、迅速に退治してくれます。

Read More

巣を取り除くのなら

はち

ハチの巣を個人で退治するにあたっては、殺虫スプレーや長い棒などを準備して、蜂の動きが鈍る夜間に取り掛かるといいでしょう。また自治体の中には防護服をレンタルしてくれるケースもあるため、利用できる際には積極的に活用すると、より安全に作業をすることができます。

Read More

蜂の巣対策と駆除

花に止まるハチ

出来る前に予防する

暖かい季節になるとハチが巣を造り始めます。そんなハチの巣が出来てしまう前に、巣を作らせない予防をしておきましょう。まず、庭の木や倉庫など巣の出来やすい場所は陰にならないようにしましょう。庭の木ならば枝を少し切ってすっきりさせておいたり、倉庫などは風通しを良くして隠れる場所が無いようにしておきましょう。また、庭などでは水を放置しないようにしましょう。ハチは水分補給のため、水があるところの近くに巣を作りやすいですので、水やりをした後のじょうろの水などはきちんと片づけておきましょう。そして、巣の出来やすい個所にペパーミントやローズマリーなどのすっきりとした香りのハーブを植えることでもハチを近づかせない効果があります。巣が出来てしまう前にこのような工夫をして予防をしておきましょう。

自力駆除の方法

出来てしまった巣や周りのハチを自力で退治する際には防護服をしっかりと着て行うようにしましょう。退治の際は、香水など香りの強いものは避け、服は黒いものや色の濃いものは着ないようにしましょう。退治で一般的なのはスプレーでの駆除ですが、近付く際に危険です。もっと安全な方法として、ペットボトルでわなを仕掛ける方法があります。ペットボトルに砂糖やはちみつ、酢などを入れ木などに吊るし、ハチを誘い込み捕まえる方法です。自力での退治ではこの方法の方が攻撃される心配が少なく安全度も高く人気です。また、女装蜂があまり攻撃してこない5月頃も退治のタイミングとしては適しています。自力で退治する際には、きちんと対策を取って安全に駆除するようにしましょう。退治が自力では難しい場合は、駆除業者に依頼することもおすすめです。ハチは危険生物なので、大量のハチに襲われると大怪我をしてしまう可能性があります。そうならないためにも、業者にお願いしてみることが大切です。電話で依頼することもできますが、ネット予約を推奨している業者もいるので、自分に合った予約方法をとるといいでしょう。

自治体や便利屋に相談を

虫

毎年のようにおこるハチによる死亡する事故。特にスズメバチは危険です。家屋に巣を作ることも多いので危険なハチでもあります。もし巣を見つけた場合は素人判断で退治せず、必ず自治体か便利屋のプロに退治をしてもらいましょう。

Read More