効率良くハチ退治を行なう方法|害虫駆除の手びき

駆除作業者

巣を取り除くのなら

はち

夜間が狙い目

自宅の壁面や庭木の中などの場所には、いつの間にかハチの巣が作られてしまうことがあります。ハチは巣に近づかれること、巣を攻撃されることを極端に嫌う昆虫であり、そういった行動を行なうと一斉に攻撃をしてくるため、頻繁にその側を通る必要がある場合、巣が大きくなり中でハチが増えてしまう前に、一刻も早く退治をする必要があります。この巣の撤去作業を行なうにあたっては、殺虫スプレーや眺めの棒などを準備して、夜間に退治を行うのがオススメになっています。これは夜間には活動が鈍り、攻撃を加えた際の反撃が少なくなるためです。また整髪料や香水などの臭いに敏感であるため、それらは体につけない状態で退治作業を行なうといいでしょう。

自治体のサービスを活用

また自治体の中には、ハチを退治するに当たっての防護服をレンタルしてくれるケースなどもあります。防護服はハチに攻撃されても針を通さない服であり、害虫駆除業者などの専門業者が安全に作業をするために利用している装備でもあります。これがあれば刺されるリスクを限りなく抑えることができるため、まずは居住している自治体がレンタルを行なっていないかどうかを確認してみるといいでしょう。アシナガバチなどの巣であれば、こういった装備がなくても退治に取り掛かることはできますが、スズメバチに分類される蜂の巣の場合、この防護服が準備できないのなら、素直に専門業者に依頼をするのがオススメになっていることは、合わせて覚えておくといいでしょう。これは、万が一刺されてしまった際に生じる命のリスクが飛躍的に高くなるためです。